周日宁静

编辑:早点网互动百科 时间:2019-12-16 02:07:34
编辑 锁定
周日宁静 (Sunday Silence)(サンデーサイレンス)是美国生产及训练的纯种竞赛马匹,退役后到日本配种,拥有极为出色的竞赛及配种成绩。1995年至2007年连续13年雄霸日本种马冠军宝座。竞赛生涯夺得多个一级赛锦标,获14战9冠5亚佳绩,其中包括育马者杯经典大赛及美国三冠大赛中的肯塔基打吡及必利时锦标。[1] 
中文名
周日宁静
外文名
Sunday silence
解    释
美国生产及训练的纯种竞赛马匹
寿命时间
1986年 - 2002年
生涯成績
14戦9勝
獲得賞金
4,968,554美元
馬    主
吉田善哉(1990後)

周日宁静早年经历

编辑
「周日宁静」其父Halo曾登上冠军种马,母系曾胜出二级赛,拥有不俗的血统而令育马集团Oak Cliff Thoroughbreds, Ltd.订下了5万美元的周岁价,但由於足部外曲及当时其体质偏弱,两度拍卖都未达目标价的三分之一而被收回,第二度收回时在回程的路上司机突然心脏病发暴毙,令「周日宁静」被遗弃在德克萨斯州公路旁数日,几乎饿死。 「周日宁静」最终在2岁时由原育马者A.B. Hancock在拍卖会上购以三万二千美元购回此马。
「周日宁静」虽乏人问津但竞赛成绩却远超众人想像,踏入3岁後在加州连胜3场,於圣雅尼塔打比更大胜11个马位,进军美国三冠赛遇上血统、型格一流的宿 敌Easy Goer,首两关「周日宁静」都能胜出,但在尾关贝蒙锦标被Easy Goer抛离8个马位落败而梦碎三冠。5个月後两驹於育马者杯经典大赛再度碰头,结果「周日宁静」险胜报回一箭之仇,该年获选为最佳3岁马兼年度马王。次 年胜出加利福尼亚锦标後却在荷里活金杯因伤负於Criminal Type(此驹其後卖到日本配种,但成绩奇差,已运回美国安度馀生),其後退役。[1-2] 

周日宁静退役後

编辑
其时日本大马主吉田善哉(已殁)以当时的天价16亿5000万日圆讲入到日本配种,美国育马界认为以其血统应不会有优秀的遗传力,结果再度令他们大跌眼 镜。「周日宁静」 在日本已有超过120匹子嗣胜出级际赛,当中43匹子嗣胜出一级赛,两匹三冠马王(2000年产Still in Love(スティルインラブ);2002年产大震撼(Deep Impact)ディープインパクト)[2] 
周日宁静自1995年起一直雄据最佳种马宝座,为日本赛马、育马界史上影响力最深远的 种马。即使在2002年8月19日因心脏衰竭逝世,其影响力仍未有丝毫动摇。其部分优秀子嗣如「大震撼」等亦能延续其优秀血统,陆续遗传出第3代的一级赛冠 军子嗣。[1] 
周日宁静铜像 周日宁静铜像

周日宁静年度配种数及诞生产驹数

年度1991199219931994199519961997199819992000200120022003
配种数778499118142183171185199197223159-
产驹数-67677497129157157149150180191108
[1] 

周日宁静年度产驹成绩(日本综合)

出走出走
  
胜利胜利顺位
  
収得赏金

  
头数回数头数回数
  
AEI
  
1994年361152233443.234亿9633万9000円
1995年975266610516.1925亿1717万9000円
1996年1427527112416.0636亿5334万1000円
1997年17810959415614.8537亿2621万5000円
1998年226156612218714.5044亿7544万0000円
1999年283175513824114.2552亿8952万0000円
2000年359229019030313.8660亿6502万5000円
2001年402245420733313.9867亿4578万9000円
2002年449271919532913.8368亿0819万2000円
2003年489290824742414.4784亿9925万3000円
2004年550307426644914.2990亿7693万1000円
2005年526307124738514.7093亿5621万7000円
2006年421278920432014.7378亿6266万6000円
2007年293191110519713.4340亿2938万8000円
2008年1691176549172.8419亿3341万6000円
2009年906582548312.248亿1117万4000円
2010年453401022970.961亿7352万4000円
2011年181486101471.047321万4000円
[1] 

周日宁静主要产驹

编辑
中文名字全来自香港赛马会译,只列举G1优胜马,马匹名字後为一级赛事名称;东京优骏=日本打吡
  • 1992年产
    • フジキセキ(朝日杯未来赛锦标)
    • ジェニュイン(皐月赏、マイルチャンピオンシップ)
    • 舞伴(Dance Partner)ダンスパートナー(优骏牝马、伊丽莎白女王女王杯)
    • タヤスツヨシ(东京优骏)
    • マーベラスサンデー(宝冢记念)
  • 1993年产
    • バブルガムフェロー(天皇赏〈秋〉、朝日杯未来赛锦标)
    • イシノサンデー(皐月赏、ダービーグランプリ)
    • 夜舞(Dance In The Dark)ダンスインザダーク(菊花赏)
  • 1994年产
    • 无声铃鹿(Silence Suzuka)サイレンススズカ(宝冢记念)
    • 黄金旅程(Stay Gold)ステイゴールド(香港瓶〈香港〉)
  • 1995年产
    • 特别周(Special Week)スペシャルウィーク(东京优骏、天皇赏〈春〉・〈秋〉、日本杯)
  • 1996年产
    • 痛快驹(Stinger)スティンガー(阪神3歳牝马ステークス)
    • 爱慕织姬(Admire Vega)アドマイヤベガ(东京优骏)
    • To The Victory(トゥザヴィクトリー)(エリザベス女王杯)
  • 1997年产
    • チアズグレイス(桜花赏)
    • Air Shakur (エアシャカール)(皐月赏、菊花赏)
    • 爱丽航程 (Agnes Flight)アグネスフライト(东京优骏)
  • 1998年产
    • メジロベイリー(朝日杯未来赛锦标)
    • Agnes Tachyon (アグネスタキオン)(皐月赏)
    • Manhattan Cafe (マンハッタンカフェ)(菊花赏、有马记念、天皇赏〈春〉)
    • ビリーヴ(スプリンターズステークス、高松宫记念)
  • 1999年产
    • Gold Allure (ゴールドアリュール)(日本泥地打吡、ダービーグランプリ、东京大赏典、二月锦标)
    • 多旺达(Durandal)デュランダル(短途马锦标、マイルチャンピオンシップ (2003,2004))
    • 大赏识(Admire Max)アドマイヤマックス(高松宫记念)
  • 2000年产
    • ピースオブワールド(阪神2岁雌马锦标)
    • Still in Love(スティルインラブ)(雌马三冠马(桜花赏、优骏牝马、秋华赏))
    • 新宇宙(Neo Universe)ネオユニヴァース(皐月赏、东京优骏)
    • アドマイヤグルーヴ(伊丽莎白女王女王杯 (2003,2004))
    • 荒漠英雄(Zenno Rob Roy)ゼンノロブロイ(天皇赏〈秋〉、日本杯、有马记念)
    • Heavenly Romance(ヘヴンリーロマンス)(天皇赏〈秋〉)
    • OREWA MATTERUZE(オレハマッテルゼ)(高松宫记念)
  • 2001年产
    • 随心起舞(Dance in the Mood)ダンスインザムード(桜花赏、ヴィクトリアマイル)
    • Daiwa Major (ダイワメジャー)(皐月赏、天皇赏〈秋〉、マイルチャンピオンシップ (2006,2007)、安田记念)
    • El Cielo (ダイワエルシエーロ)(优骏牝马)
    • スズカマンボ(天皇赏〈春〉)
    • 三连冠(Hat trick)ハットトリック(マイルチャンピオンシップ、香港瓶〈香港〉)
    • 真心呼唤(Heart's Cry)ハーツクライ(有马记念、杜拜司马经典赛(UAE))
  • 2002年产
    • ショウナンパントル(阪神ジュベナイルフィリーズ)
    • 大震撼(Deep Impact)ディープインパクト(雄马三冠马皐月赏东京优骏、菊花赏)、天皇赏〈春〉、宝冢记念、日本杯、有马记念)
    • エアメサイア(秋华赏)
    • スズカフェニックス(高松宫记念)
  • 2003年产
    • フサイチパンドラ(伊丽莎白女王女王杯)
    • 梵高艺展(Matsurida Gogh)マツリダゴッホ(有马记念)[1-2] 

周日宁静评价

编辑
如果说北地舞人Northern Dancer是世界马坛神话的话,那麼周日宁静为日本赛马事业所带来的冲击及影响,相信绝对有过之而无不及。它的产驹横扫日本大小赛事,并已在日本中央竞马会辖下全部马场赢取级际赛事。它是日本首屈一指的种马,并已成为马迷在新马赛之投注指标。而它的当岁幼驹之价钱更动辄高达一百万美元。[2] 
参考资料